インプラント周囲炎

インプラントの歯周病−インプラント周囲炎

インプラントは日本語で言うと人工歯根、つまり歯の根の部分を人工のもので置き換えたものです。インプラントは入れ歯やブリッジといった方法とは異なり、見た目にも機能的にも天然歯により近い感覚を再現できます。残りの天然歯に負担をかけないと言う点でもメリットが大きいと言われます。歯周病で歯を失った場合にインプラントにする患者が増えているのはこのような理由からです。
しかし、インプラントにすれば歯周病の心配がなくなるということはありません。歯周病細菌の出す毒素によってインプラント周囲の骨がなくなる、つまり天然歯の歯槽膿漏と同じよう様な状態になることが分かっています。さらに、インプラント周囲の結合組織繊維は非常に単純で天然歯より感染しやすいとも言われます。

インプラントのメンテナンス

細菌は歯垢、歯石のなかに細菌の集落を形成するので定期的な歯垢、歯石の除去が重要になります。それらを除去する際にインプラント表面はチタンの滑択な面になっているので金属製のスケラーや粗い粒子を持つポリッシング材では逆に表面を傷つけてしまうことがあり、注意が必要です。