歯周炎

歯周炎と歯周組織について

歯周病とは、多くの場合歯周炎のことを指します。歯肉炎は歯周炎の初期段階ですから、歯肉炎+歯周炎=歯周病という解釈もあるようです。
歯周炎とは細菌の活動によって歯と歯茎の間の結合組織が破壊され、歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなっていく病気です。歯周ポケットが深くなると歯ブラシが届かなくなり、歯垢や歯石が溜まって常に炎症を起こす状態になってしまいます。そうすると益々歯周組織が破壊されてしまい、悪循環に陥ってしまいます。

歯周炎の進行

歯と歯肉の結合組織が破壊されると、それに合わせて歯根を支えている歯槽骨が吸収されていくことが分かっています。これは歯を支えている土台が無くなっていくことですから、次第に歯がグラグラし始め、最終的には抜け落ちてしまいます。これが歯周病で歯を失ってしまう仕組みなのです。